• パイドン

    ーー魂について

    プラトン

bw_manami

2019/06/04

死後、人間の魂はどうなるのか? 肉体から切り離され、それ自身存在するのか? 永遠に不滅なのか?

 

ソクラテス最期の日、獄中で弟子たちと対話する、プラトン中期の代表作。魂の存在を哲学し、威厳をもっておだやかに死を迎えるソクラテスの姿は「知を愛し求める人」そのものと言える。

目次

  • 訳者まえがき
  • パイドン ーー魂について
  • 解説 納富信留
  • 訳者あとがき
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    パイドン

    パイドンーー魂について

    プラトン

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    パイドン

    パイドンーー魂について

    プラトン

    RANKINGランキング