• 千霊一霊物語

    アレクサンドル・デュマ Alexandre Dumas

bw_manami

2019/06/06

「女房を殺して、捕まえてもらいに来た」と市長宅に押しかけた男。その場に居合わせた作家デュマや市長たちは、男の自宅の血塗られた地下室を見に行くことに。男の自供の妥当性をめぐる議論は、いつしか各人が見聞きした奇怪な出来事を披露しあう夜へと発展する。本邦初訳!

目次

  • はしがき ***氏へ
  • 第1章 フォントネ=オ=ローズ市、ディアヌ通り
  • 第2章 セルジャン小路
  • 第3章 調書
  • 第4章 スカロンの家
  • 第5章 シャルロット・コルデーの頰打ち
  • 第6章 ソランジュ
  • 第7章 アルベール
  • 第8章 猫、執達吏、そして骸骨
  • 第9章 サン=ドニの王墓
  • 第10章 ラルティファイユ
  • 第11章 髪の腕輪
  • 第12章 カルパチア山脈
  • 第13章 ブランコヴェアヌの城
  • 第14章 ふたりの兄弟
  • 第15章 ハンゴー修道院
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    千霊一霊物語

    千霊一霊物語

    アレクサンドル・デュマ Alexandre Dumas

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    千霊一霊物語

    千霊一霊物語

    アレクサンドル・デュマ Alexandre Dumas

    RANKINGランキング