• 「家族の幸せ」の経済学

    データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実

    山口慎太郎(やまぐちしんたろう)

bw_manami

2019/07/22

「帝王切開なんかしたら落ち着きのない子に育つ」

「赤ちゃんには母乳が一番。愛情たっぷりで頭もよくなる」

「3歳までは母親がつきっきりで子育てすべき。子もそれを求めてる」

出産や子育ては、このようなエビデンス(科学的根拠)を一切無視した「思い込み」が幅をきかせている。

 

その思い込みに基づく「助言」や「指導」をしてくれる人もいる。

親身になってくれる人はありがたい。

独特の説得力もあるだろう。

しかし、間違っていることを、あなたやその家族が取り入れる必要はまったくない。

 

こういうとき、経済学の手法は役に立つ。

人々の意思決定、そして行動を分析する学問だからだ。

その研究の最先端を、気鋭の経済学者がわかりやすく案内する。

目次

  • 第1章 結婚の経済学
  • 第2章 赤ちゃんの経済学
  • 第3章 育休の経済学
  • 第4章 イクメンの経済学
  • 第5章 保育園の経済学
  • 第6章 離婚の経済学
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    「家族の幸せ」の経済学

    「家族の幸せ」の経済学データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実

    山口慎太郎(やまぐちしんたろう)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    「家族の幸せ」の経済学

    「家族の幸せ」の経済学データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実

    山口慎太郎(やまぐちしんたろう)

    RANKINGランキング