• 一二三の玉手箱

    自分らしく生きる

    加藤一二三(かとう ひふみ)

bw_manami

2019/09/19

「最近私がよく考えるのは人間関係についてだ。特に『柔和』ということについて考える」(本書より)。

 

現役時代の思い出のほか、信仰や引退後の心境などを綴った珠玉のエッセイ集。

 

「ザ・加藤一二三伝説」の真相を自ら証言し、将棋史に残る名局の自選解説をするなど、誰からも愛される“ひふみん”の魅力が詰まった一冊。

 

ひふみんの言葉には、人生を愉しむヒントが満載です!

目次

  • 文庫版によせて ──柔和であること
  • はしがき
  • 第1章 ザ・加藤一二三伝説
  • 第2章 加藤一二三のエッセイ
  • 第3章 加藤一二三の名局
  • 特別収録 加藤一二三 引退会見 全文
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    一二三の玉手箱

    一二三の玉手箱自分らしく生きる

    加藤一二三(かとう ひふみ)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    一二三の玉手箱

    一二三の玉手箱自分らしく生きる

    加藤一二三(かとう ひふみ)

    RANKINGランキング