• 江戸の終活

    遺言からみる庶民の日本史

    夏目琢史(なつめたくみ)

bw_manami

2019/09/27

「村役なんか絶対につとめるな」

 

「お金よりほかに宝物はない!」

 

「一番大切なのは、当家の相続。お前のことは、その次だ」

 

武士や公家だけでなく、百姓や商人も書いたエンディングノートが面白い! 天下泰平の世の中で「家」が形成され、人々は近親者の死を間近で経験するようになった。

 

そして最期を悟った者は残される者を思い、自らが得た教訓を込めて遺書を記した。それは万感の心情が表れた文章であるとともに、当時の社会が分かる貴重な「史料」である。

 

私たちが教わってきた歴史とは、有名人の業績と大事件のあらましだが、本書では教科書に載らない市井の人々の声に耳を傾ける。

 

遺書という史料を読むことで歴史学を体感しつつ、異なる時代の人生から今に通じるヒントを得る。

目次

  • 第一話 百姓・鈴木仁兵衛
  • 第二話 廻船問屋・相木芳仲
  • 第三話 浪人・村上道慶
  • 第四話 商人・武井次郎三郎
  • 第五話 百姓・鯉淵加兵衛
  • 第六話 豪商・戸谷半兵衛
  • 第七話 河岸問屋・後藤善右衛門
  • 第八話 百姓・安藤孫左衛門
  • 第九話 廻船問屋・間瀬屋佐右衛門
  • 第十話 農政家・田村吉茂
  • 第十一話 古着屋・増渕伊兵衛
  • 第十二話 魚問屋・片桐三九郎
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    江戸の終活

    江戸の終活遺言からみる庶民の日本史

    夏目琢史(なつめたくみ)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    江戸の終活

    江戸の終活遺言からみる庶民の日本史

    夏目琢史(なつめたくみ)

    RANKINGランキング