• 生命保険の不都合な真実

    柴田秀並

ryomiyagi

2019/11/26

人の安心を守るために生まれた生命保険が、逆に人の安心を奪っている?
銀行で販売が拡大する「外貨建て保険」。為替変動など重要リスクの説明はおざなりで、高齢者からの苦情は急増。

 

当事者意識の薄い銀行に、強く言えない生保。「共犯関係」がトラブルを助長する。
ハワイ旅行に五輪チケット、乗り合い代理店にはなくならない過剰報酬。

 

甘い言葉で中小企業経営者を狙いうちする「節税保険」。衝撃的なかんぽ生命の「不正販売」は氷山の一角にすぎない。
無理な営業や商品開発の背景には何があるのか。自浄作用は期待できるのか。当局はどう対応するのか……。
朝日新聞経済部の若手記者が暴く、生命保険業界の「不都合な真実」。

目次

  • 第1章 空虚な最高益
  • 第2章 安心を奪う「外貨建て保険」
  • 第3章 生保と銀行の「共犯関係」
  • 第4章 「営業」vs.「乗り合い」
  • 第5章 「節税保険」の罠
  • 第6章 かんぽ生命は闇だらけ
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    生命保険の不都合な真実

    生命保険の不都合な真実

    柴田秀並

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    生命保険の不都合な真実

    生命保険の不都合な真実

    柴田秀並

    RANKINGランキング