• 素人力

    エンタメビジネスのトリック?!

    長坂信人(ながさかのぶひと)

【本文より】制作会社である我々は、基本的に受注商売・下請け商売です。いくら面白い企画を思いついても、発注元がなければ番組は作れません。

発注元とは、テレビ局や映画会社、ミュージックビデオの制作を依頼してくるレコード会社や芸能プロダクションなどです。

受注商売ということは、ちょっと言い方は悪いですが、たくさんの制作予算をクライアントから引き出し、予算を削減して作れば、その分手残りが多くなるということです。

逆に、限界までお金をかければ、ゴージャスな作品ができあがりますが、手残りはわずか。(中略)ちなみに制作会社の通常の利益率は、請け負った予算の10パーセントから15パーセントくらい。そのなかから、スタッフへのギャラや会社の運営費を捻出します。

正直言って、それほど利益率の高い商売ではありません。

目次

  • 序 章 ――キーワードは「素人」
  • 第一章 素人社長の誕生
  • 第二章 三割打者の仕事術
  • 第三章 才能のない私は才人に学ぶ
  • 第四章 変人との人間関係
  • 【スペシャル対談】長坂信人 / 堤幸彦
  • 第五章 「井の中の蛙」で24年
  • まとめ 素人力を強みにする十か条
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    素人力

    素人力エンタメビジネスのトリック?!

    長坂信人(ながさかのぶひと)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    素人力

    素人力エンタメビジネスのトリック?!

    長坂信人(ながさかのぶひと)

    RANKINGランキング