• 段落論

    日本語の「わかりやすさ」の決め手

    石黒圭

ryomiyagi

2020/02/26

文章を書くことは「引っ越し」に似ている。

 

部屋に散らばる無数の小物をそのまま運びだし、トラックの荷台にバンバン載せていくと、あとで崩れて大変なことになる。

 

衣類、食器、文房具、おもちゃなど、種類別にラベルを貼って段ボール箱に詰め、
それを荷台に積みこむことで、効率のよい引っ越しができる。同様に、文章を書くときも、
書き手の頭にある無数の「文」を、「段落」という箱に整理して入れ、順々に運び出すことが大事である。

 

読み手の頭という新居に荷物が届いたら、ラベルを頼りに仕分けして梱包を解けば、そのまま適切な場所にしまえる。

 

文章による情報の引っ越しは、「段落」という箱の使い方にかかっているのだ。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

段落論

段落論日本語の「わかりやすさ」の決め手

石黒圭

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

段落論

段落論日本語の「わかりやすさ」の決め手

石黒圭

RANKINGランキング