• なぜ、2時間営業だけでうまくいくのか?

    大西益央

ryomiyagi

2020/03/09

「これからどうなるか」より「これからどうしたいか」

 

先の見えない時代の、究極の生き方は「今を生きる」ということです。

 

そして、今を生きるための装置が「終わりを決める」ということなのです。

 

本書は、現代を思い切り楽しく生きる究極の考え方だと信じています。(「はじめに」より)

目次

  • はじめに 「このお店は1000日営業したら閉店します」
  • 第1章 夢をかなえるたったひとつの方法
  • 第2章 「今を本気で生きる」のは最高に楽しい
  • 第3章 自分の人生のルールは自分で決める
  • 第4章 なまけないための「仕組み」をつくる
  • 第5章 「2人目の理解者」がチームづくりの鍵
  • 第6章 お金のことを考えないときがいちばん儲かる
  • おわりに 父は最期に「後悔している」と言った
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    なぜ、2時間営業だけでうまくいくのか?

    なぜ、2時間営業だけでうまくいくのか?

    大西益央

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    なぜ、2時間営業だけでうまくいくのか?

    なぜ、2時間営業だけでうまくいくのか?

    大西益央

    RANKINGランキング