• 読書について

    アルトゥール ショーペンハウアー/著 Arthur Schopenhauer/原著  鈴木芳子/翻訳

ryomiyagi

2020/03/23

 

「読書は自分で考えることの代わりにしかならない。自分の思索の手綱を他人にゆだねることだ」……。

 

率直さゆえに辛辣に響くアフォリズムの数々。

 

その奥底には、哲学者ショーペンハウアーならではの人生哲学と深いヒューマニズムがあります。

 

それが本書の最大の魅力です。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

読書について

読書について

アルトゥール ショーペンハウアー/著 Arthur Schopenhauer/原著  鈴木芳子/翻訳

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

読書について

読書について

アルトゥール ショーペンハウアー/著 Arthur Schopenhauer/原著  鈴木芳子/翻訳

RANKINGランキング