• 一度死んだ僕の、車いす世界一周

    No Rain, No Rainbow

    三代達也(みよ・たつや)

 

こんにちは、車椅子トラベラーの三代達也です。

 

みなさん長引くstay homeで、コロナ疲れは出ていませんか?
外に出て、たくさんの世界を見ることが仕事の一つである旅人にとって、この非常事態はなかなか辛いものがあります。
この災難が収束したらどんな旅がしたいか、毎日想像を掻き立てながら過ごしています。

 

こんなときだからこそ、僕からみなさんに何かできることはないものか…。

 

そこで、考えました。
僕の著書『No Rain, No Rainbow 一度死んだ僕の、車いす世界一周』を期間限定で全文無料公開いたします。

 

この本は、バイク事故で車いす人生となり、引きこもるほど絶望していた僕が一念発起し、介助者なしの単独世界一周成功させるまでの旅の記録です。

 

どこにも行けない今だからこそ、本の力で、少しでも旅の魅力をお伝えしたい。
そして世界が平穏を取り戻したら、次はどこに旅に出ようかと想像しながら、おうち時間を楽しんでいただけたら幸いです。

 

『No Rain, No Rainbow』

 

いつかまた、自由に旅できる日が来ますように。

目次

  • プロローグ 僕の半生と旅のきっかけ
  • ■旅の準備
  • ・車椅子で世界一周、まず何が必要なの?
  • ・まず荷物をどうするか? etc.
  • ■ヨーロッパ編
  • ・ロンドン――旅はいきなり宿なしから始まった
  • ・パリ――障害者支援団体もどきに騙される
  • ・ローマ――歴史ある街は、泣けるほどバリアにあふれている
  • ・アテネ――謎のインド人とパルテノン神殿 etc.
  • ■アジア・中東編
  • ・ホーチミン――初めての夜遊び
  • ・バンコク――ゴーゴーバーとスラムでの体験
  • ・インド――地獄の深夜特急と涙の撤退勧告 etc.
  • ■中南米編
  • ・ペルー――果てしなきマチュピチュへの悪路
  • ・ボリビア――待ち望んだウユニ塩湖
  • ・リオデジャネイロ――命の危険を感じた灼熱の地 etc.
  • ■アメリカ編
  • ・アリゾナ&ラスベガス――車椅子で向かう聖なる岩山
  • ・ハワイ――車椅子ユーザーに一番優しい街 
  • ・イースター島――旅人として生きていく覚悟をくれた言葉 etc.
  • 【コラム1】 飛行機ってどうやって乗るのかな?
  • 【コラム2】 どうしてこうなった? 規格外の車椅子トイレ
  • 【コラム3】 ミヨとマヌーのハワイ旅で考えたこと
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    一度死んだ僕の、車いす世界一周

    一度死んだ僕の、車いす世界一周No Rain, No Rainbow

    三代達也(みよ・たつや)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    一度死んだ僕の、車いす世界一周

    一度死んだ僕の、車いす世界一周No Rain, No Rainbow

    三代達也(みよ・たつや)

    RANKINGランキング