• データ・リテラシー

    フェイクニュース時代を生き抜く

    マーティン・ファクラー

ryomiyagi

2020/05/01

今求められる万人の情報術と真のジャーナリズム

 

SNSで誰もが発信し、本物そっくりのディープフェイクや扇動が溢れ、人々が情報のタコツボに陥っている今、真実を見極める力と、「政府の番犬」「ファクトチェッカー」「ゲートキーパー」を担うジャーナリストが不可欠だ。

 

NYタイムズ元東京支局長が、スマホの無料アプリや左右両方の意見を読む方法など誰もが今すぐできる情報収集を手ほどき。

 

また、経営危機からV字回復を遂げた同社にメディア再興のヒントを探る。カギは、早急のデジタル転換とスマホに合わせたニュース発信にアリ。

 

日本の新聞は権力の広告塔をやめて調査報道に注力し、紙信仰を捨てよ!

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

データ・リテラシー

データ・リテラシーフェイクニュース時代を生き抜く

マーティン・ファクラー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

データ・リテラシー

データ・リテラシーフェイクニュース時代を生き抜く

マーティン・ファクラー

RANKINGランキング