• 24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

    デビッド・リット(David Litt)著/ 山田美明(やまだよしあき)訳

ニューヨークタイムズベストセラー、エスクァイア誌ブックオブザイヤーの一冊が待望の邦訳! お笑い担当スピーチライターが描く、オバマ大統領の素顔とホワイトハウスの内幕、そして歴史に残る名演説の舞台裏。
僕の人生を変える瞬間となるかもしれない最初のチャンスは、二〇一一年一一月に訪れた。ファブズから、大統領が公開する感謝祭のビデオメッセージの原稿を依頼されたのだ。一般教書演説がスピーチライターの仕事の最高峰だとすれば、「アメリカのみなさん、感謝祭おめでとう!」は間違いなく最下位にあたる。それでも僕はどきどきした。大統領のためにジョークを書いたことはあるが、それとこれとは訳が違う。深い意味のあるもの、独自のもの、アメリカ的なものを書かなければならない。僕は過去の感謝祭のビデオを研究した。感謝祭はピルグリム・ファーザーズの最初の収穫を記念する行事であるため、それに関するエッセーも読んだ。そして草稿を書きまくった。(本文より)

目次

  • エアフォースワンのルッコラ・サラダ
  • 第一部 オバマ・ボット
  • 1 有頂天
  • 2 ホワイトハウスの仕事につかない方法
  • 3 採用決定
  • 4 権力の回廊
  • 5 トイレのサーモン
  • 6 オバマはもうだめなのか?
  • 7 イーストウッドの二の舞いを避ける
  • 8 初めての血の味
  • 第二部 私たちが歴史に占める(ささやかな)場所
  • 9 ヒトラーとリップス
  • 10 煉獄のジュース
  • 11 聖なる闘い
  • 12 一文なし
  • 13 バケツ
  • 14 きらきら光るダイヤモンドの山
  • 15 ゴールライン
  • サソリを踏みつぶす
  • 著者紹介

    閉じる

    この記事の書籍

    24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

    24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

    デビッド・リット(David Litt)著/ 山田美明(やまだよしあき)訳
    関連記事

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

    24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

    デビッド・リット(David Litt)著/ 山田美明(やまだよしあき)訳

    RANKINGランキング