• 日本の映画産業を殺すクールジャパンマネー

    経産官僚の暴走と歪められる公文書管理

    ヒロ・マスダ

ryomiyagi

2020/05/25

「日本再生のカギ」「成長戦略の柱」などと叫ばれ、国を挙げて推進されてきたクールジャパン政策。映画産業に関しては「ハリウッドで日本映画を作る」と気炎が上がっていた。

 

ところが、実際は全く成果を上げられないどころか数十〜数百億円の赤字を垂れ流す、壊滅的な状況となっている。アニメーターなどをはじめとする「現場」の境遇も改善されないままだ。一体なぜ、このような事態になってしまったのだろうか。

 

巨匠ヴィム・ヴェンダース監督からの言葉をきっかけにクールジャパン政策の問題点を長年追いかけてきた映画プロデューサーが、すべての元凶である経済産業省の不正や非常識を徹底的に暴くとともに、世界各国の成功例を基にした、クリエイター支援のあるべき姿を考える。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

日本の映画産業を殺すクールジャパンマネー

日本の映画産業を殺すクールジャパンマネー経産官僚の暴走と歪められる公文書管理

ヒロ・マスダ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

日本の映画産業を殺すクールジャパンマネー

日本の映画産業を殺すクールジャパンマネー経産官僚の暴走と歪められる公文書管理

ヒロ・マスダ

RANKINGランキング