• 日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?

    結婚・出産が回避される本当の原因

    山田 昌弘

ryomiyagi

2020/05/26

「1・57ショック」(1990年)から30年もの間、出生率が低迷している日本。

 

当然の結果として、21世紀に入り人口減少が始まっている。

 

欧米人からは「なぜ日本は少子化対策をしてこなかったのか」と驚かれる。

 

一方、アジアの国々の人からは「日本のようにならないためにはどうすればよいか」と聞かれる。

 

日本を反面教師としようとしているのである。

 

家族社会学者である著者は、日本の少子化対策が事実上失敗に終わっているのは、未婚者の心と現実に寄り添った調査、分析、政策提言ができていなかったからだと考える。

 

具体的には、欧米に固有の慣習や価値意識をモデルの前提にし、日本人に特徴的な傾向・意識、そして経済状況の変化を考慮しなかったのである。

 

本書では失敗の原因を分析・総括するとともに、日本特有の状況に沿った対策は可能なのかをさぐる。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?

日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?結婚・出産が回避される本当の原因

山田 昌弘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?

日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?結婚・出産が回避される本当の原因

山田 昌弘

RANKINGランキング