• 歴史秘話 外務省研修所

    知られざる歩みと実態

    片山和之

ryomiyagi

2020/05/27

外務省研修所は、1946年3月1日、日本が主権を喪失し、外交機能も停止され、外務省が機構を縮小し、東京が焼け野原という極めて厳しい状況の中で設立された。

 

この英断には、国家の命運をも左右する「外交センス」を涵養する必要を痛切に感じた幣原喜重郎(当時の首相)、吉田茂(当時の外相)等、元外交官の強い想いが込められていた。

 

21世紀の日本は、少子高齢化という難題を抱えている。

 

国力の相対的な地位低下が不可避な情勢の中、日本が国際社会で生き残っていくには何が必要なのか。

 

華やかな外交の表舞台の対極に位置する研修所の意義と役割を見直し、日本外交の将来のパフォーマンスを考える。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

歴史秘話 外務省研修所

歴史秘話 外務省研修所知られざる歩みと実態

片山和之

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

歴史秘話 外務省研修所

歴史秘話 外務省研修所知られざる歩みと実態

片山和之

RANKINGランキング