• 女性リーダーが生まれるとき

    「一皮むけた経験」に学ぶキャリア形成

    野村浩子

ryomiyagi

2020/06/09

日本では、政治の世界も経済の世界も、意思決定層は「日本人、男性、シニア」と極めて均質である。

 

二〇一九年一二月、世界経済フォーラムから発表されたジェンダー・ギャップ指数で、日本は調査対象の153カ国中121位、過去最低の順位となった。

 

女性リーダーの少なさが、下位低迷の大きな要因だ。海外各国では働く女性の現況に危機感を抱き、変化を加速させている。意思決定層に女性を増やさないと、日本は変わらない。

 

いや、それどころか、このまま沈んでしまう―。四半世紀にわたって女性リーダーの取材を続けてきた著者が、国内外の女性役員にインタビュー。「生の声」には、これからの時代を生き抜くヒントが眠っている。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

女性リーダーが生まれるとき

女性リーダーが生まれるとき「一皮むけた経験」に学ぶキャリア形成

野村浩子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

女性リーダーが生まれるとき

女性リーダーが生まれるとき「一皮むけた経験」に学ぶキャリア形成

野村浩子

RANKINGランキング