• 医者の稼ぎ方

    フリーランス女医は見た

    筒井冨美(つついふみ)

大学病院の教授の権威は失墜し、野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなった。いま、封建的で年功序列の組織に飛び込んで行っても、将来のポストの保証はない。その代わりに、医師たちは将来のキャリアの役立つ都心のブランド病院に殺到し、健康診断や当直などのアルバイトで食いつなぐフリーター医師も出現した。また、専門的なスキルを売りにして腕一本で高額な報酬を得るフリーランス医師は、病院にとって不可欠となった。変革の時代にある医療現場の実情、医師たちの本音とは――。100以上の病院を渡り歩いた現役麻酔科医が辛口で書き綴る。

目次

  • 第1章 『白い巨塔』から『ドクターX』へ
  • 第2章 医者になるのはいくらかかるか
  • 第3章  医者と出世
  • 第4章 医者の稼ぎ方
  • 第5章  内側から見たフリーランス医師
  • 第6章 これからの稼ぎ方
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    医者の稼ぎ方

    医者の稼ぎ方フリーランス女医は見た

    筒井冨美(つついふみ)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    医者の稼ぎ方

    医者の稼ぎ方フリーランス女医は見た

    筒井冨美(つついふみ)

    RANKINGランキング