• すべての教育は「洗脳」である

    21世紀の脱・学校論

    堀江 貴文

学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が可能になった現代、国家は名実ともに“虚構の共同体”に成り下がった。もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。では、これからの教育の理想形とはいかなるものか?
「学校はいらない」「学びとは没頭である」「好きなことにとことんハマれ」「遊びは未来の仕事になる」――本音で闘うホリエモンの“俺流”教育論!

目次

  • はじめに 「何かしたい」けど「今はできない」人たち
  • 第1章 学校は国策「洗脳機関」である
  • 第2章 G人材とL人材
  • 第3章 学びとは「没頭」である
  • 第4章 三つの「タグ」で自分の価値を上げよ!
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    すべての教育は「洗脳」である

    すべての教育は「洗脳」である21世紀の脱・学校論

    堀江 貴文

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    すべての教育は「洗脳」である

    すべての教育は「洗脳」である21世紀の脱・学校論

    堀江 貴文

    RANKINGランキング