• トランプが戦争を起こす日

    悪夢は中東から始まる

    宮田律(みやたおさむ)

アメリカの歴代大統領の大きな課題の一つに、対中東戦略が挙げられる。アメリカの同盟国であるイスラエルの安全をどう守っていくのか、石油をはじめとするエネルギーをどう確保していくのか、そして近年に入って過激化するテロ集団にどう立ち向かっていくのか――。トランプもまた、こうした課題に取り組まなければならない。しかし、新政権から声高に聞こえてくるのは、「イスラム・フォビア(反・嫌イスラム)」的な発言だ。
イスラム世界に対する偏見やヘイトが、いかに世界を危うい方向に導く可能性があるかに着目すると同時に、これまで人類が時間をかけて築き上げてきた平和・民主主義・人権といった普遍的価値の再考を促す一冊。

目次

  • はじめに
  • 【第1章】 トランプはどう動くか
  • 【第2章】 新政権の危険な閣僚たち
  • 【第3章】 移民問題
  • 【第4章】 イスラエル・パレスチナ和平の崩壊
  • 【第5章】 「軍産複合体」国家
  • 【第6章】 テロは拡大する
  • 【終章】 危機を乗り越えるために
  • おわりに
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    トランプが戦争を起こす日

    トランプが戦争を起こす日悪夢は中東から始まる

    宮田律(みやたおさむ)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    トランプが戦争を起こす日

    トランプが戦争を起こす日悪夢は中東から始まる

    宮田律(みやたおさむ)

    RANKINGランキング