• ヒルビリー・エレジー

    アメリカの繁栄から取り残された白人たち

    J・D・ヴァンス/著 関根光宏/訳 山田文/訳

ニューヨーク生まれの富豪で、貧困や労働者階級と接点がないトランプが、大統領選で庶民の心を掴んだのを不思議に思う人もいる。だが、彼は、プロの市場調査より自分の直感を信じるマーケティングの天才だ。長年にわたるテレビ出演や美人コンテスト運営で、大衆心理のデータを蓄積し、選挙前から活発にやってきたツイッターや予備選のラリーの反応から、「繁栄に取り残された白人労働者の不満と怒り」、そして「政治家への不信感」の大きさを嗅ぎつけたのだ。

トランプを冗談候補としてあざ笑っていた政治のプロたちは、彼が予備選に勝ちそうになってようやく慌てた。都市部のインテリとしか付き合いがない彼らには、地方の白人労働者の怒りや不信感が見えていなかったからだ。そんな彼らが読み始めたのが、本書『ヒルビリー・エレジー(田舎者の哀歌)』だ。(解説より)

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

ヒルビリー・エレジー

ヒルビリー・エレジーアメリカの繁栄から取り残された白人たち

J・D・ヴァンス/著 関根光宏/訳 山田文/訳

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

ヒルビリー・エレジー

ヒルビリー・エレジーアメリカの繁栄から取り残された白人たち

J・D・ヴァンス/著 関根光宏/訳 山田文/訳

RANKINGランキング