• 内澤旬子の 島へんろの記

    内澤旬子

BW_machida

2020/11/16

集落に、一歩入るとラビリンス(迷宮)。
般若心経を唱え、迷って、歩いて、また迷って――
知られざる巡礼路、小豆島八十八ヶ所。結願まで約2年の迷走巡礼記!

 

小豆島に移住し6年。乳癌やストーカー被害を乗り越え、エッセイスト内澤旬子さんが挑んだテーマは「遍路」。仏教にハマった大学時代から関心があった「祈り」とは何かを探しつつ、島の魅力を歩いて確かめたい――。
ヤギの世話と執筆業に追われながら、春夏秋冬、コツコツ札を打つ。笑いあり、迷いあり、感動ありの新感覚お遍路エッセイ。

 

◎日本遺産級の「小豆島岩窟寺院群」
◎西へ、西へと海岸線を進むのは、さながら西方浄土を求める辺地(へち)修行
◎忘れたころにやってくる、島民のお接待
◎絶妙に鄙びた無人庵、海沿いロード、漁網のある漁村、打ち捨てられたような札所、家族を感じる寺……

 

道も人も、海も山も含めた島そのものが、小豆島八十八ヶ所霊場なのだ。

目次

  • I 四海線を、北へ
  • II 北廻り福田線
  • III 南廻り福田線
  • IV 草壁から、西へ
  • V かけこみ結願
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    内澤旬子の 島へんろの記

    内澤旬子の 島へんろの記

    内澤旬子

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    内澤旬子の 島へんろの記

    内澤旬子の 島へんろの記

    内澤旬子

    RANKINGランキング