• 下町はなぜ人を惹きつけるのか?

    三浦展

BW_machida

2020/12/04

下町はかつて工場からの煙が立ち上る、「近代」の象徴でもあった。やがて東京の重心は山の手に移動し、高度成長期を経て下町はノスタルジーの象徴として「発見」された。
日本人は下町の姿に何を見出しているのだろうか?

 

人々の暮らしや住まい、娯楽を中心に、「ディスカバー・下町」された13の街の実像をひもとく。

目次

  • 第一下町―日本橋・神田・京橋
  • 第二下町―浅草・下谷・芝
  • 第三下町―深川・墨田・荒川
  • 第四下町―北・足立・江戸川・葛飾
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    下町はなぜ人を惹きつけるのか?

    下町はなぜ人を惹きつけるのか?

    三浦展

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    下町はなぜ人を惹きつけるのか?

    下町はなぜ人を惹きつけるのか?

    三浦展

    RANKINGランキング