• 教養としての腕時計選び

    篠田哲生

ryomiyagi

2020/12/16

ロレックスもパテック フィリップももちろんいい時計だが、それは単に値段が高いからだけではない――。

そこかしこで時刻を確認することができる時代、人は何のために腕時計を身につけるのか。

腕時計を成熟したビジネスパーソンの身だしなみ、あるいは「教養」としてとらえ直し、自分にふさわしい品を選ぶセンスを高めるための入門書。

もはや腕時計はステイタスアイテムであり、自分自身を表現するツールであることを示す。

目次

  • はじめに
  • I 歴史のウラに時計あり
  • II 時間と時計が人生を豊かにする
  • III 腕時計を買う前に知っておくべきこと
  • IIII 腕時計の鑑賞学
  • V 時計業界の最新技術
  • VI 今買うべき腕時計、30ブランド30選
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    教養としての腕時計選び

    教養としての腕時計選び

    篠田哲生

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    教養としての腕時計選び

    教養としての腕時計選び

    篠田哲生

    RANKINGランキング