• 人類はふたたび月を目指す

    春山純一

ryomiyagi

2020/12/18

現在、中国を筆頭に、月を目指す国が世界で続々と現れている。一九六九年に初めて月に人類を送り込んだアメリカも、二〇二〇年代半ばに女性宇宙飛行士を月に立たせるという「アルテミス計画」を発表し話題を呼んだ。
月を目指すのは、いまや国の宇宙機関だけにとどまらない。グーグルやスペースXなど民間企業が名乗りを上げ、様々なプレーヤーが月へと向かう時代となっている。二〇〇七年に月大型周回探査機セレーネ(かぐや)を打ち上げ、二一世紀の月探査の口火を切った日本はどうか――。日本の月探査計画に携わり、「月の縦孔の発見」で世界的に知られる著者が、月に関わる探査や発見をめぐるスリリングな舞台裏を綴るとともに、人類が、そして日本が月を目指す理由を問う。

目次

  • まえがき  21世紀、月探査レースがふたたび始まった
  • 第1章 米ソの宇宙開発競争
  • 第2章 20世紀末の月探査
  • 第3章 月の極の水探し
  • 第4章 月の縦孔・溶岩チューブ
  • 第5章 21世紀の月探査――われわれは、どう月を目指すべきか
  • あとがき
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    人類はふたたび月を目指す

    人類はふたたび月を目指す

    春山純一

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    人類はふたたび月を目指す

    人類はふたたび月を目指す

    春山純一

    RANKINGランキング