• がんを瞬時に破壊する光免疫療法

    身体にやさしい新治療が医療を変える

    小林久隆

ryomiyagi

2021/01/25

光免疫療法――人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる、がんの新しい治療法が世界で注目を集めている。この治療法は2012年、アメリカ元大統領のバラク・オバマが一般教書演説で「米国の偉大な研究成果」と世界に誇ったことでも知られる。
2020年9月には、光免疫療法で使われる新薬「アキャルックス点滴静注」が世界に先駆けて日本で正式に薬事承認され、事業が本格化した。光免疫療法とはどのような治療法なのか。身体への負担は? 副作用は? 転移・再発の可能性は? アメリカ国立衛生研究所の日本人開発者が、治療の詳細と特徴、これからの医療、そして「貧者のプライド」を初めて語る。

目次

  • まえがき
  • 第1章 光免疫療法とは何か
  • 第2章 IR700の発見
  • 第3章 治験
  • 第4章 化学への目覚め
  • 第5章 変容するがん医療
  • 終 章 医療の未来が変わる
  • あとがき
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    がんを瞬時に破壊する光免疫療法

    がんを瞬時に破壊する光免疫療法身体にやさしい新治療が医療を変える

    小林久隆

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    がんを瞬時に破壊する光免疫療法

    がんを瞬時に破壊する光免疫療法身体にやさしい新治療が医療を変える

    小林久隆

    RANKINGランキング