• 未来は決まっており、自分の意志など存在しない。

    心理学的決定論

    妹尾武治

ryomiyagi

2021/04/05

心理学、生理学、脳科学、仏教、哲学、アート、文学、これらには一貫性がある。それは心理学的決定論という相似形が必ず現れるということだ。異なるアプローチ法によっても、たどり着く到達点は常に同じだった。
それは、我々の自由意志とは錯覚であり、幻想であるという事実だ。我々の行動は全て事前に決まっている。環境と自己との相互作用による脳の働きによって、必然的で不可避な一つの行動に、我々は導かれる。我々は神の操り人形であるが、その神とは自分自身と世界(外界)との相互作用のことなのである。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

未来は決まっており、自分の意志など存在しない。

未来は決まっており、自分の意志など存在しない。心理学的決定論

妹尾武治

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

未来は決まっており、自分の意志など存在しない。

未来は決まっており、自分の意志など存在しない。心理学的決定論

妹尾武治

RANKINGランキング