• 在宅医療の真実

    小豆畑丈夫

BW_machida

2021/05/24

本書は、在宅医療に関わる救急医の立場から見た「もう一つの在宅医療」について、その問題点、改善策などを著したものです。

 

とはいえ、専門家による専門家に向けた提言ではありません。むしろ、在宅医療については、聞いたことはあるけれど中身はよく知らないという一般の方を念頭に執筆いたしました。

 

すでに在宅医療を受けていらっしゃる患者さんやそのご家族、また、これから在宅医療と関わるかもしれないすべての方に、現場の救急医から見た在宅医療の姿が少しでも参考になればと願っています。

 

(「はじめに」より)

目次

  • 第1章 在宅医療は「より良く生きるため」の手段
  • 第2章 初めてでもうまくいく在宅医療の受け方
  • 第3章 家族の負担をなるべく軽く
  • 第4章 さまざまな介護施設・高齢者施設
  • 第5章 生きる意味を問いかける「重度訪問介護」
  • 第6章 在宅医療の落とし穴は「急変時の対応」
  • 第7章 在宅医療と救急医療の連携はいかに可能か
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    在宅医療の真実

    在宅医療の真実

    小豆畑丈夫

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    在宅医療の真実

    在宅医療の真実

    小豆畑丈夫

    RANKINGランキング