• 子育て罰

    「親子に冷たい日本」を変えるには

    末冨 芳/著, 桜井 啓太/著

ryomiyagi

2021/07/20

「子育て罰」をなくすか、子どもを日本からなくすか――。少子高齢化が加速する日本において、出生数の回復は急務であるにもかかわらず、日本は先進諸国に比して家族関連社会支出が極端に少ない。本書では「子育て罰」を「社会のあらゆる場面で、まるで子育てすること自体に罰を与えるかのような政治、制度、社会慣行、人びとの意識」と定義。親子につめたい「子育て罰大国・日本」は「子どもにやさしい国」に変わっていけるのか。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

子育て罰

子育て罰「親子に冷たい日本」を変えるには

末冨 芳/著, 桜井 啓太/著

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

子育て罰

子育て罰「親子に冷たい日本」を変えるには

末冨 芳/著, 桜井 啓太/著

RANKINGランキング