• 「ボヘミアン・ラプソディ」の謎を解く

    “カミングアウト・ソング"説の真相

    菅原裕子

BW_machida

2021/08/20

イギリス人が選ぶ「1000年で最も重要な曲」第1位、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」。2018年には同楽曲をタイトルに冠した映画も大ヒットとなった。6分近くある曲の長さや革新的な多重録音、当時珍しかったプロモーションビデオなど、そのユニークさをあげるとキリがない。ただ、この曲最大の特徴は不可思議な歌詞だろう。例えば同じく世界的な曲である「イマジン」や「ヘイ・ジュード」と比べても、圧倒的に謎めいている。この“異形の曲“にフレディはどのような叫び、祈りを込めたのか。あるいは意味なんて何もないのか――? 洋楽ファンの映画研究者が膨大な文献をリサーチし、フレディの残した謎をめぐる冒険の旅に出る。

目次

  • まえがき 天邪鬼から始まる、フレディをめぐる冒険
  • 第1章 異形の曲
  • 第2章 コンプレックス・ソング
  • 第3章 「プライベート」な曲
  • 第4章 黒幕についての暫定的な結論
  • 第5章 「仮説」はなぜ生まれ、広まったのか
  • 第6章 「伝説」の向こう側 ――映画版『ボヘミアン・ラプソディ』を解く――
  • あとがき 一杯のワインと一本の電話
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    「ボヘミアン・ラプソディ」の謎を解く

    「ボヘミアン・ラプソディ」の謎を解く“カミングアウト・ソング"説の真相

    菅原裕子

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    「ボヘミアン・ラプソディ」の謎を解く

    「ボヘミアン・ラプソディ」の謎を解く“カミングアウト・ソング"説の真相

    菅原裕子

    RANKINGランキング