• ルポ コロナ禍で追いつめられる女性たち

    深まる孤立と貧困

    飯島裕子

BW_machida

2021/09/15

私たちがコロナウイルスの影響を大きく受け始めてから1年半余り。その間に女性たちに何が起こっているのか?

 

本書では2020年2月下旬、全国での一斉休校が決められた時点にまでさかのぼり、女性の視点からコロナ禍を振り返る。困難が集中するシングルマザー、ステイホームすることがままならない女性、エッセンシャルワーカーとして社会を支える女性、困難が集中する単身女性などそれぞれが置かれた状況についても見ていくことにする。

 

女性たちを襲うさまざまな困難や制度上の綻び、背景にある構造的問題まで、コロナ禍で露呈した事実を受け止めることはコロナ後の世界を築いていく上で重要であるはずだ。まずは女性たちの声に耳を傾けるところから始めたい。(本書「はじめに」より)

目次

  • はじめに
  • 第1章 シングルマザーを全方位から襲う困難
  • 第2章 ステイホームできない女性たち
  • 第3章 エッセンシャルワーカーの苦境
  • 第4章 テレワークの明と暗
  • 第5章 孤立する女性たち
  • おわりに
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    ルポ コロナ禍で追いつめられる女性たち

    ルポ コロナ禍で追いつめられる女性たち深まる孤立と貧困

    飯島裕子

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    ルポ コロナ禍で追いつめられる女性たち

    ルポ コロナ禍で追いつめられる女性たち深まる孤立と貧困

    飯島裕子

    RANKINGランキング