• 日本の食と農の未来

    小口広太

BW_machida

2021/09/22

食料自給率が40%を下回る日本は、食の大部分を海外に頼っている。また、「飽食の時代」という言葉に象徴されるように、私たちはクリックひとつで自宅に食品が届く時代を生きている。しかし、今後、地球環境に変動が生じ、農作物の輸出入に不測の事態が起きたらどうなるだろうか。私たちは今、食と農についてどう考え、どう行動すべきなのか。現場の新しい動きにも着目しながら、「等身大の自給」について考える一冊。

目次

  • はじめに
  • 第1章 日本の食と農のいま
  • 第2章 この時代に農業を仕事にするということ
  • 第3章 持続可能な農業としての「有機農業」を地域に広げる
  • 第4章 食と農のつなぎ方
  • 第5章 食と農をつなぐCSAの可能性
  • 第6章 都市を耕す
  • おわりに
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    日本の食と農の未来

    日本の食と農の未来

    小口広太

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    日本の食と農の未来

    日本の食と農の未来

    小口広太

    RANKINGランキング