• 美しきイタリア 22の物語

    池上英洋(いけがみひでひろ)

イタリアの歴史上の人物たちは、どのように考え、暮らしていたのだろうか。城や宮殿は、そこに住んだ王家や貴族の歩みをどのように伝えてくれているのだろうか。イタリアが世界に誇る芸術の数々は、どのように生み出されてきたのだろうか。そして市井に暮らす普通の人々は、どのように人生を生きてきたのだろうか。

目次

  • 【第1章】 人々の物語
  • 小さな島のナポレオン(エルバ島)
  • ある博物学者の死(ポンペイ)
  • 囚われ皇女の恋(ラヴェンナ)
  • サンタ・クロースの贈り物(バーリ)
  • 皇帝の気怠い午後(カプリ島)
  • 殉教聖女の街(カターニア)
  • 【第2章】 城と宮殿の物語
  • その理由を、誰も知らない(カステル・デル・モンテ)
  • イタリアのヴェルサイユ(カゼルタ)
  • 東端の街の悲劇の皇帝(トリエステ)
  • 奇矯の宮殿(バゲリーア)
  • 近代イタリア最初の首都(トリノ)
  • 【第3章】 芸術の物語
  • 最後の晩餐(ミラノ)
  • 修道士の禁じられた恋(スポレート)
  • 耳をすませば(クレモーナ)
  • ルネサンス美術の予告者(パドヴァ)
  • 美術史のはじまり(アレッツォ)
  • 【第4章】 街の歴史の物語
  • 大学の街(ボローニャ)
  • とんがり屋根の家(アルベロベッロ)
  • ナポリを見て死ね(ナポリ)
  • 巨石文明ヌラーゲ(バルーミニ)
  • 地下のローマ(ローマ)
  • 死者の都(チェルヴェーテリ)
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    美しきイタリア 22の物語

    美しきイタリア 22の物語

    池上英洋(いけがみひでひろ)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    美しきイタリア 22の物語

    美しきイタリア 22の物語

    池上英洋(いけがみひでひろ)

    RANKINGランキング