• 病み、肥え、貧す

    有害化学物質があなたの体と未来をむしばむ

    レオナルド・トラサンデ/中山祥嗣[監修]斉藤隆央[訳]

BW_machida

2021/12/22

コンビニ弁当はチンしない、
テフロン加工は使わない、
缶詰食品は避ける
レシートはなるだけ触らない……

 

レイチェル・カーソン『沈黙の春』から60年。私たちは人体に有害な化学物質を禁止したり置換したりすることで、問題を解決したと思い込んでいたのかもしれない。あるいは、影響は限定的と聞き、安心していたのかもしれない。だが長期的研究によって、肥満、ADHD、自閉症、不妊などの健康被害の増加と、化学物質との関連は否定できないものとなっている。なかでも内分泌攪乱物質(EDC)と呼ばれる化学物質は、職場や家庭などの環境、容器や包装など、私たちの身近なところに用いられており、神経、代謝、生殖、免疫などの病気に直接関与している。それを示す驚くべき証拠や研究結果を挙げ、どうすればこれらの物質を避けられるのか、具体的な方策を提案する。

 

また、個人レベルでは微細な影響であっても、社会・経済全体では巨額の損出となっている点を証明し、政治や経済界にとってこれが目の前にある課題であることを示す。私たちの日々の生活や家族の命を守るために、いますぐできることとは? 環境保健の世界的な研究者で小児科医でもある著者が提言!『沈黙の春』の流れを汲む警世の書。

目次

  • はじめに
  • 第1部 化学物質が健康をむしばむ時代
  • 1 何が起きているのか? 
  • 2 有害な化学物質の影響を追って 
  • 第2部 化学物質はどのように害を及ぼすのか 
  • 3 脳と神経系への攻撃
  • 4 代謝の攪乱―肥満と糖尿病 
  • 5 男性生殖機能への障害
  • 6 女児や女性に有害な化学物質
  • 第3部 行動を起こす
  • 7 未来を守るためにできること
  • 8 あなたの声が重要―好循環に加わるには
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    病み、肥え、貧す

    病み、肥え、貧す有害化学物質があなたの体と未来をむしばむ

    レオナルド・トラサンデ/中山祥嗣[監修]斉藤隆央[訳]

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    病み、肥え、貧す

    病み、肥え、貧す有害化学物質があなたの体と未来をむしばむ

    レオナルド・トラサンデ/中山祥嗣[監修]斉藤隆央[訳]

    RANKINGランキング