• [カラー版] 春画四十八手

    車 浮代(くるま うきよ)

「四十八手」がエロティックな意味を持つようになったのは江戸時代初期。仕掛け人は『見返り美人』の作者として有名な菱川師宣。『恋のむつごと四十八手』を刊行し、後世に続く春画のスタイルを作り出す。

本書は、元祖「菱川版」を紹介しつつ、のちの浮世絵師たちの作品にその影響を探る。「日刊ゲンダイ」の人気連載『春画のウラ側』、待望の文庫化。

目次

  • 第1章 菱川師宣「恋の四十八手」と江戸の性愛の変遷
  • 第一図『逢夜盃』
  • 第二図『思比』
  • 第三図『明別』
  • 第四図『ぬれなづけ』
  • 第五図『四手』ほか
  • 第2章 時代劇の中の性と春画ー若殿から遊女まで
  • 若殿の筆おろし
  • 姫君のお輿入れ
  • 遊女の品定め
  • 夜這いの方法
  • 終章 より深い鑑賞のために春画のギモン
  • 著者紹介

    閉じる

    この記事の書籍

    [カラー版] 春画四十八手

    [カラー版] 春画四十八手

    車 浮代(くるま うきよ)
    関連記事

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    [カラー版] 春画四十八手

    [カラー版] 春画四十八手

    車 浮代(くるま うきよ)

    RANKINGランキング