• 四角六面

    キューブとわたし

    エルノー・ルービック Erno Rubik

BW_machida

2022/03/25

エルノー・ルービック/著・久保陽子/訳

 

東欧ハンガリーで生まれ、これまで累計3億5000万個を売り上げたルービックキューブ。その数奇な運命と尽きせぬ魅力を、発明者みずから語る初の自伝!

 

1980年代に一大ブームを巻き起こしたルービックキューブ。40年以上たったいまもなお、人々は知的好奇心をくすぐられてそれを手に取り、ときには解く速さを競い合っている。また創造性や知識のシンボルとしてとらえてもいる。

 

一方、その考案者であるエルノー・ルービックの感性や思想は、まさに彼の名を冠したキューブさながらシンプルかつ深淵だ。富や名声に執着しない彼はどのように考え、どのようにキューブを生み、キューブから何を学んできたのか。本書は彼がその半生を初めて語った初の自伝である。

 

本書への賛辞

◎ルービックキューブ発明者の半生と、不滅のキューブにまつわるユニークで興味深いメモワール。――オブザーバー紙

◎これは単なる回顧録ではない。価値ある何かを創造したいと思うとき、子どもの遊び心を大人になるまで維持する必要があることを、高らかに宣言した本だ。――デイリー・メイル紙

◎ルービック・キューブはいかに世界で最も愛されるおもちゃとなり、その人気を維持しているのか。これはルービック氏とその発明物との関係の進展を描く一代記だ。――フィナンシャル・タイムズ紙

◎私は数学講師そしてパズル作家として、好奇心あふれるすべての人に、この本の言葉に耳を傾けてほしいと思う。創造性を解放したい人のためのマニフェストであり、ルービック氏がそのガイドになってくれる。――ボビー・シーガル

◎ハンガリーの建築家でデザインの教授であるルービック氏は、幾何学の問題を説明する手段としてキューブをいかに発明したのか。その物語には、好奇心、変化、人の意味などについての彼の考えが織り込まれている。――フォーブズ誌

◎得るものが多い、独創的な自伝――ネイチャー誌

◎あくなき知識への渇望はいかに彼の人生を駆動してきたのか。彼の名を冠した玩具の発明秘話、今日の彼をつくった子供時代について、明かしているだけではない。ルービックは知識そのものの比喩としてキューブを捉えている。――サロン

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

四角六面

四角六面キューブとわたし

エルノー・ルービック Erno Rubik

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

四角六面

四角六面キューブとわたし

エルノー・ルービック Erno Rubik

RANKINGランキング