廣瀬俊朗さん出版記念オンラインイベント(3)これからのキャリアとは
イベント・ニュース

ryomiyagi

2022/06/22

4月20日に発売された廣瀬俊朗さんの新刊『相談される力 誰もに居場所をつくる55の考え』(光文社)の丸善ジュンク堂書店による出版記念オンラインイベントが、「トシさんと語ろう 相談しよう」をテーマに開催されました。今回は、皆さんのご質問の中から転職に関するお悩みについて、廣瀬さんに答えていただきました。
イベント主催:丸善ジュンク堂書店

 

イベントの裏側

 

知らないところへ飛び込む
チャレンジすることは楽しい。
その過程はかけがえのない財産で、次のチャレンジへ向かっていくエネルギーとなる。
– 相談される力 誰もに居場所をつくる55の考え -(P114)

 

安定をとるかチャレンジするか

 

– 今転職を考えているのですが、パートナーからは安定的な職業を求められています。ヨガやアロマセラピー、占いなど色んなことを学びつつ、今は医療系の新しい分野に興味があります。これからどのような選択をしていけば良いでしょうか?

 

僕から一言申し上げるとするならば、『心の中はもう決まっているのではないですか?』ということです。今考えていることを前に進めていくことこそが、ご自身の幸せに繋がるのではないかなと思います。また、そんな幸せな姿を見せていくことが、家族みんなの幸せにも繋がっていくのではないでしょうか。新しいチャレンジをしてみて、もしダメだったとしても、そこからまた戻ってくるという選択肢があることを忘れないでください。これだけ情熱を持って学ばれているのであれば、ぜひともその一歩を踏み出して、チャレンジしていただければなと思います。

 

もちろん家族のことも大事ではありますが、自分の人生を考えることもすごく大事なことなんですよ。自分を主語にして人生を考えてみるということは、何かしらのヒントになっていくと思います。退職後に急に暇になって困らないように、今のうちから何か活動していくことが、自分の人生を豊かにすることに繋がっていきますよ。



 

もし今何かをやろうとしていて、やれるエネルギーがあるのであれば、すぐに取り組むことをオススメします。いつやろうかと考えているうちに、自分のモチベーションはどんどん変化していきます。やると決めたら取りあえずやってみること、例えばちょっと面倒な朝のランニングも、何も考えずに着替えて外に出て3分くらい走り出すと、もう走れるようになっていますよね。何か先にアクションを起こしてみると、モチベーションや思いは後から付いてきます。頭でっかちになりすぎず、ただ“Just Do It”することを意識してみてくださいね。

 

知らない世界へ踏み出す勇気

 

– 新しいことをやってみたいなという気持ちはあるものの、今の職場に慣れてしまい、新しい環境へ飛び込む勇気がありません。何かアドバイスをいただけますか?

 

ぜひとも新しいステップを踏み出していただきたいなというのが、僕の個人的な思いです。今一歩を踏み出してみることで、見えてくる世界というものは確実に存在しています。もちろん周りの環境に左右されることもあるとは思いますが、そうした中でご自身がこれだ!と思えるものに、進んでみてくださいね。



 

主導権を握ったり、主体性を持ったり、このようなことは人生においてとても大事です。その上で何か失敗したとしても、たくさんのことを受け止めながら成長していくその過程は、自分の人生を生きているということを実感できるのではないでしょうか。一度トライをしてみて、その後に違う選択をすることはあるかもしれませんが、そのような場合でも、自分で自分を生きていくことができれば、人生は豊かになっていくと思います。

 

まとめ:廣瀬さんの考えるこれからのキャリアとは

 

これまでの終身雇用制度や、トップダウン方式に慣れきった人たちは結構いるのではないでしょうか。もちろんその人自身が悪いというわけではありません。世の中が進んでいく上で、それが一番合理的かつ効率が良く、会社の貢献にも繋がっていたので、その仕組みが発展したに過ぎません。けれどそれらが通用しなくなる時代が、ついに到来してしまいました。退職後に20年以上働くことが当たり前になった今の時代においては、会社ではなく自分を主語にしてどう生きるかを考えることが、とても大事なことではないでしょうか。その辺りを踏まえつつ、その会社の中で自分がどう貢献していくのか、その会社で働くことが自分自身にとってどういう意味があるのか、ご自身で考えていただければなと思います。

 

最近NPOや社団法人、様々なボランタリーなど、副業が認められる時代になってきましたので、もしご興味があればどんどんチャレンジしてみてくださいね!

 

次回最終回は、実際にいただいた皆さんのご質問の中から、廣瀬さんご自身に関するご質問について答えていただきます。

 

ライター/ryoco

 

『相談される力 誰もに居場所をつくる55の考え』光文社

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング