『グッドナイト』著者新刊エッセイ 折原一
ピックアップ

ryomiyagi

2022/12/01

「集合住宅」ミステリー

 

昔からアパートやマンションなどを舞台にした「集合住宅」ミステリーが大好きである。隣に誰が住んでいるのかわからないような大都会のアパート(あるいはマンション)で、一癖も二癖もある住人が巻き起こす事件というテーマがたまらない。

 

このテーマですぐに思いつくのが戸川昌子(とがわまさこ)の『大いなる幻影』だろう。これは江戸川乱歩賞を受賞したサスペンス物の傑作で、東京の女子寮が舞台になっている。ちなみに、その時の乱歩賞の候補に中井英夫(なかいひでお)の『虚無への供物』があるが、私が選考委員だったとしても『大いなる幻影』に与えると思う。それから、山田風太郎の『誰にも出来る殺人』という超変化球ミステリーがある。これは戦後間もない都会の薄汚いアパートの一室で、住人たちが残したノートが巻き起こすどんでん返し連発の小説。

 

二十代の頃から、私の頭の中には常にこの二作品があり、作家になったら絶対このテーマで書いてみようと思っていた。最初に書いたのが『天井裏の散歩者』という作品である。タイトルは、江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」から一部(?)拝借したが、私は集合住宅ミステリーに乱歩のような「のぞき」テーマをぶちこんだ。書いている間は楽しく、悪乗りしたついでに続編まで書いてしまった。

 

今世紀に入って、私の中にまたぞろ「アパート熱」が高まり、ある老朽集合住宅を舞台にした『グランドマンション』(光文社)を書いた。各部屋の住人が巻き起こす事件が大きなうねりとなり、最後にマンション全体を巻きこむとんでもない結末になる。それにつづく『ポストカプセル』も基本的に同様の趣向。

 

そして、今回の『グッドナイト』。メゾン・ソレイユというアパートで繰り広げられる「不眠」にまつわる事件の数々。一つ一つの短編が最後にまとまって長編に変身。結末は誰にも予想できない(はずである)。

 

『グッドナイト』
折原一/著

 

【あらすじ】
都内に建つ「メゾン・ソレイユ」。このアパートには眠りに問題を抱える住人ばかりが集まってくる。不眠症の息子を持て余す女性作家、新人賞受賞を渇望する作家志望の男、絶大な人気を誇る覆面推理作家……。騙りの名手が仕掛ける、不眠と悪夢の館へようこそ。

 

おりはら・いち
埼玉県生まれ。早稲田大学文学部卒。1988年、『五つの棺』でデビュー。’95年、『沈黙の教室』で第48回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞。近著に『双生児』『ポストカプセル』『傍聴者』など。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング