『〈磯貝探偵事務所〉 からの御挨拶』著者新刊エッセイ 小路幸也
ピックアップ

ryomiyagi

2022/06/06

二回目の御挨拶

 

シリーズにするつもりはまったくなかったのですが、幸い担当編集さんから次もこのメンバーでと言われて「探偵事務所」シリーズになりました。

 

ミステリで育った人間なので〈探偵〉というものにはそりゃあもう並々ならぬ思い入れがあります。

 

まったく個人的な考えですけど〈探偵〉には二種類います。〈名探偵〉か〈私立探偵〉。いや名探偵だって私立探偵だろう、とツッコミが入るでしょうが違うのです。私の中で〈名探偵〉とは職業ではありません。
〈名探偵〉とはあくまでも〈凄まじい推理力を有する人間〉であり、〈私立探偵〉は文字通り〈探偵を職業とする人間〉。名探偵はそれを職業とする必要はないんです。何せその推理力には〈とんでもない犯罪に巻き込まれる〉能力まで含まれているのですから、わざわざ看板を掲げなくても勝手に犯罪がやってきます。

 

一方〈私立探偵〉は、看板を掲げて営業しなくてはなりません。依頼人から案件を貰って解決して収入を得なければただの無職。中々厳しい職業です。

 

前作でサブキャラなのに後半ほぼ主人公のような存在感を出していた磯貝が、刑事を辞めて私立探偵になり主人公に昇格です。まだ若いといえる年齢なので他の職業も選べたのに、わざわざ私立探偵という職業を選んだのは、彼は人が好きだからです。人と人が織りなす暮らしの出来事を見つめることが、それについて考えることが何よりも好き。それが趣味と言ってもいい。だから私立探偵という職業を選びました。

 

悲劇だろうと喜劇だろうと何だろうと、その人の人生という舞台を見つめて収入まで手に出来るのだから、ベストな選択です。というわけで、地元である札幌に〈磯貝探偵事務所〉開設です。楽しんでいただけたら、嬉しいです。

 


『〈磯貝探偵事務所〉からの御挨拶』
小路幸也/著

 

【あらすじ】
小樽の高級料亭旅館〈銀の鰊亭〉で起こった火事にまつわる騒動から一年。その事件を機に、警察を辞め、私立探偵となった磯貝公太。開設祝いだと、かつての同僚刑事が持ってきたのは、事務所階下にあるギャラリーの店長の夫で、ラノベ作家の失踪調査だったー。

 

しょうじ・ゆきや
北海道生まれ。「空を見上げる古い歌を口ずさむ」でメフィスト賞を受賞しデビュー。「東京バンドワゴン」シリーズで人気を博す。前作の『〈銀の鰊亭〉の御挨拶』も6月に文庫化予定。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング