• 中国が世界を牛耳る100の分野

    日本はどう対応すべきか

    高橋五郎(たかはしごろう)

BW_machida

2022/03/28

一向に収まる気配のない米中対立。両者とも歩み寄ることはなく、対立がさらに激化する恐れも指摘されている。だが、すでに勝者は決まっている。驚異的なGDPの伸びや「一帯一路」による巨大経済圏の構築、レアアースの独占、アメリカに肉薄する軍事力スコアを見れば、中国が勝利することは想像に難くない。中国が世界制覇を遂げる日はそう遠くないのである。

 

この現実から日本は目を背けることはできない。中国が牛耳る世界を見据えて現実的な対応をしなければ、日本は世界への影響力を完全に失ってしまうだろう。では、どうするか―。本書では、そんな日本が今後とるべき策を、中国研究40年の著者が各種データをもとに中国世界制覇のエビデンスも示しつつ、果敢に提言する。日本再生のための中国論。

目次

  • はじめに
  • 第1部 中国の世界制覇とアメリカの敗北
  • 第2部 100の分野が示す世界制覇のエビデンス
  • 第3部 日本の対中戦略と日本人の対応
  • おわりに
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    中国が世界を牛耳る100の分野

    中国が世界を牛耳る100の分野日本はどう対応すべきか

    高橋五郎(たかはしごろう)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    中国が世界を牛耳る100の分野

    中国が世界を牛耳る100の分野日本はどう対応すべきか

    高橋五郎(たかはしごろう)

    RANKINGランキング