『或るアメリカ銃の謎』著者新刊エッセイ 柄刀 一
ピックアップ

BW_machida

2022/08/02

紛れもなく現代

 

表題作と「或るシャム双子の謎」の中編二作がおさまっています。タイトルにからめさせていただいているエラリー・クイーンの原典は、『アメリカ銃の謎』『シャム双子の謎』とも、1933年に米国で出版されています。今では“シャム双子”は不適切用語ともされ、クイーン作品のタイトルに関連する場合には許容されているといった具合で、時代の隔たりを嫌でも感じさせられます。

 

「或るシャム双子の謎」には、もちろん双生児は出てきますし、山火事が迫る閉鎖環境、そしてダイイングメッセージといったクイーン作品の舞台や道具立てを盛り込ませてもらっていますが、同時に、現代のテクノロジーの直接的な反映、量子論を巡るライトモチーフなども組み込まれ、紛れもなく現代でしか描けない事件となっています。

 

これは「或るアメリカ銃の謎」も同様で、現代のアメリカで根深い問題となっている二つの社会的背景が登場人物たちの運命を動かし、秘密めく謎を生み出しています。

 

時代が違えばお国柄も違う。日本では、誰もが拳銃を手にしているという状況は作りにくいです。そこで舞台は、駐日米国領事の私邸としました。外交特権のある領域です。こうした場所ゆえ、アメリカが直面している混迷の現状が侵入してきたともいえるでしょう。しかしセキュリティ万全なはずのそのような環境で、なぜ、犯人は姿を消せて暗躍でき、鮮血の銃弾を巡る事件は繰り返されるのか……?

 

収録作どちらの事件でも、主人公・南美希風(みなみみきかぜ)と相方のエリザベス・キッドリッジは、命の危機に直面しながら謎を乗り越えなければならなくなります。冒険譚は、どれだけの驚異に結びつくか……。

 

表題作では、一発の弾丸が掘り当てる真実までの距離を堪能していただきたく思います。未来で次の作家の誰かが発射するであろうアメリカ銃の銃声が響くまで。

 


『或るアメリカ銃の謎』
柄刀一/著

 

【あらすじ】
クイーンに捧ぐ柄刀一版“国名シリーズ”第3弾。南美希風とエリザベス・キッドリッジは愛知県のアメリカ領事私邸で起きた謎だらけの射殺事件に巻き込まれる。さらに、琵琶湖のクローズドサークルで発生した二ヶ所同時の殺人事件は危険な要素に満ちていた……。

 

柄刀一(つかとう・はじめ)
1959年、北海道生まれ。1998年、『3000年の密室』で長編デビュー。『密室キングダム』などヒット作多数。近著に『或るエジプト十字架の謎』『或るギリシア棺の謎』など。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング