『青い雪』著者新刊エッセイ 麻加朋
ピックアップ

ryomiyagi

2022/03/04

新しい私とデビュー作 麻加朋

 

私は引っ込み思案な子供でした。学校でも目立たないごく普通の生徒。でも中学生のとき、突然、廊下で先生に呼び止められたんです。一学期の中間試験が終わったばかりの頃でした。その年に新しく赴任してきた国語の教師に、「君はすごいね」と言われて、私はただポカン。どうやらテストの結果が大変よかったとのこと。「はあ」と間抜けな答えしか返せなかったような……。こんな小さな出来事を今でも覚えているくらい、褒められた経験もない、何の取り柄もない子供でした。自分から何かを発信することもなく、常に受け身で、[大人しい子]としか表現しようがない存在……。

 

自分でもそう思っていた。

 

それが巡り巡って、小説の新人賞を受賞するなんて、人生は不思議です。受賞を知った友人から届いた手紙には、お祝いの言葉と共に、「高校時代のあなた=作家のイメージが湧いてこなくて驚いた」と書かれていました。「私が一番びっくりしている」と本音を綴って返信しました。

 

振り返れば、本を読んだり、人の話を聞いたり、インプットばかりの人生だったけれど、充分楽しかったし、自分らしいと感じていた。それなのに、ひょんなきっかけで小説を書き始めたら、一転。書きたいことが自分の中からどんどん溢れでる。今までにない感覚に見舞われて、物語の世界に夢中になった。私の中に、これを書かせる何かが潜んでいた。目覚めた情熱に突き動かされた。ギリギリまで見直しを続け、締め切り当日に応募原稿を郵便局に持っていったときの、徹夜明けの太陽の眩しさと充実感を今でも覚えています。

 

こうしてデビュー作『青い雪』は生まれました。
『青い雪』に出てくる人たちに脇役はいない。それぞれが悩み、もがきながらも懸命に生きています。

 

小説を読んだ後に、登場人物の中の誰かを好きだと思ってもらえたら、この上なく幸せです。

 

『青い雪』
麻加朋 /著

 

【あらすじ】
夏の数日を共に過ごす三組の家族を悲劇が襲う。五歳の少女が失踪したのだ。穏やかな避暑地での日々は失われた。三組が秘めた複雑な家庭の事情と、時を経て現れ出た告発状。謎が氷解したとき、明らかになる真実とは? 第25回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

 

PROFILE
1962年東京都生まれ。主婦。『青い雪』で第25回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞しデビュー。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング