『連鎖犯』著者新刊エッセイ 生馬直樹
ピックアップ

BW_machida

2022/03/07

ゼロからの連鎖

 

ある幼い姉弟が誘拐されるところから物語は始まります。
その誘拐事件を軸にして、様々な人物が登場し、それぞれの問題と向き合いながら話は進んでいきます。若いシングルマザー、田舎の刑事、毒舌コメンテーターなど。やがて時間は飛んで、七年後の殺人事件。犯人は誰か、過去の誘拐事件と現在の殺人事件には一体どんなつながりがあるのかー。

 

あらためてこの作品を振り返ってみると、書き手が平凡だからなのか、出てくる人たちもわりと普通だな、と思いました。名探偵も超能力者もダークヒーローもいない。けれど、みな胸に大切な物語を秘めています。ズルさや弱さがあって、それに負けないくらいの愛や正義もある。彼らを描くことで、自分を見つめ直したりもしました。小説を書くって本当に不思議な作業ですね。

 

舞台は僕の住んでいる新潟県で、実在する土地もいくつか出てくるので、ローカル小説としても楽しめるかもしれません。かつて通学や通勤、ドライブなどで頻繁に通った場所もあって、懐かしさに浸りつつ、同時に小説を書き始めたころのことを思い出しました。

 

仕事や人間関係がうまくいかず、夢見る気持ちも希薄だった二十代前半。質素な田舎町の片隅で何者にもなれず、いつもふてくされていました。何か変えたい、何かやってみよう。最初の衝動がそれでした。とくに文学青年でもなかったはずの自分が、なぜ小説を選んだのか今でも時々不思議に感じます。

 

ともあれ、あのころゼロだった自分に、「なんでもいいから書きたい」という気持ちの1をプラスして、スタートを切りました。執筆歴は素人時代も含めると十数年になりますが、あのときの「書きたい」という気持ちは濁ることなく、今作の『連鎖犯』にもしっかり宿っていると思います。

 

『連鎖犯』
生馬直樹/著

 

【あらすじ】
七年前の誘拐事件。連れ去られた姉弟は無事生還。しかし、あるコメンテーターの先導で母親バッシングが起こり、二人の母は転落死してしまう。月日は流れ、くだんのコメンテーターが他殺体で発見される。同じ頃、姉弟はそろって姿を消していた……。

 

生馬直樹(いくま・なおき)
1983年、新潟県生まれ。2016年『夏をなくした少年たち』で新潮ミステリー大賞を受賞しデビュー。いま最注目のミステリ作家の一人。近著に『フィッシュボーン』など。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング