『白銀騎士団(シルバー・ナイツ)』著者新刊エッセイ 田中芳樹
ピックアップ

BW_machida

2022/04/04

白銀騎士団(シルバー・ナイツ)由来記

 

二〇〇五年のこと。長らく中断していた『アルスラーン戦記』シリーズを光文社で再開させてもらうことになって、何か記念の企画を、という話になった。このあたり、とみに記憶力が衰えている上に、自分につごうよく記憶が改変されている可能性があるので、話半分ぐらいにお読みいただきたい。

 

とにかく、『アルスラーン戦記』を柱として、『小説宝石』の別冊を出そう、ということになり、誌名は『英雄譚』と決まった。何だか大仰になってきたな、と思っているうち、寄稿してくださる方々のリストが送られてきて、小心者の私は狼狽した。皇名月、あさのあつこ、上橋菜穂子、冲方丁、奥泉光、朱川湊人、梶尾真治、森見登美彦……敬称略で失礼だが、ウルトラゴージャスなオールスターメンバー。すでに芥川賞や直木賞を受けた方々もいらっしゃる。この中で私がメイン? あのね、誰だって大谷翔平になれるわけじゃないのだよ。

 

「田中さんも当然、短篇ひとつお願いします」
「た、た、短篇って、どんな?」
「アルスラーンの外伝がいいですけど」

 

私はそのアルスラーンの最新長篇をしあげたばかり。まったく別の世界を書きたかった。脳内書庫をかきまわして、メモを引っぱり出した。
「一〇〇年前の怪奇冒険物にします!」

 

運命の一瞬(?)であった。

 

いつもこうならいいのだが、時代背景が決まると、あっというまに主要キャラクターも決まった。変に美化されている英国貴族をおちょくってやりたかったし、階級制度や民族差別の横行についても、娯楽性をそこなわない範囲で記述したかった。かくして、サー・ジョセフと三人の使用人が世に出たのだが、私は彼らに愛着を感じたので、いつか続篇を加えて一冊にしたかった。このたびそれが実現して嬉しい。一七年もかかるとは思わなかったけど。何とぞごひいきに願いあげます。

 

『白銀騎士団(シルバー・ナイツ)』
田中芳樹/著

 

【あらすじ】
1905年のロンドン。街には夜ごと怪物が跋扈する。けれど、この街には「白銀騎士団」がいる。腕利きの従者の李とゴーシュ、負けん気の強いメイドのアニー、そして若き准男爵にして団長のサー・ジョセフ。個性豊かな面々が、はびこる悪と今日も戦う!

 

田中芳樹(たなか・よしき)
1952年熊本県生まれ。78年『緑の草原に……』で第3回幻影城新人賞を受賞しデビュー。88年『銀河英雄伝説』で第19回星雲賞を受賞。代表作に『アルスラーン戦記』『創竜伝』『岳飛伝』などがある。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング