• 依存症と回復、そして資本主義

    暴走する社会で〈希望のステップ〉を踏み続ける

    中村英代

ryomiyagi

2022/05/18

自分は依存症かもしれないと思ったことがある人や、家族のとまらない行動に困っている人はたくさんいるだろう。メディアでは有名人の薬物やアルコール問題が頻繁にとりあげられ、「依存症」という言葉は広く知られているが、今なお「依存症=意志の弱さ」と、とらえられがちだ。

 

かつて摂食障害の当事者でもあった著者は、現代の資本主義社会において、「依存をめぐる行動はこの社会の中で必然的に生じる行動パターンのひとつ」と述べる。本書では、当事者コミュニティ(薬物依存の回復支援施設「ダルク」、依存症からの回復のための世界規模の共同体「十二ステップ・グループ」)における回復実践をみていきながら、これらが示す人類の新たな共生のあり方、そして「弱さから善さへと向かう意欲の物語」を描き出す。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

依存症と回復、そして資本主義

依存症と回復、そして資本主義暴走する社会で〈希望のステップ〉を踏み続ける

中村英代

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

依存症と回復、そして資本主義

依存症と回復、そして資本主義暴走する社会で〈希望のステップ〉を踏み続ける

中村英代

RANKINGランキング