• 趙紫陽極秘回想録(上)

    天安門事件「大弾圧」の舞台裏

    趙紫陽/著、河野純治/訳

ryomiyagi

2022/06/29

今日の中国では、趙は存在しなかった人である。だが将来、被害妄想的な時代が終わりを告げたとき、国のために力を尽くしたにもかかわらず、支配権力と衝突した歴史上の人物の一人として、その栄誉を称えられるであろう。(序文/ロデリック・マクファーカー)

 

1989年、北京市内では民主化を求める市民がデモを繰り返していた。李鵬首相ら守旧派が戒厳令布告を求める一方、民主派の趙紫陽総書記はそれを拒否し、市民との直接対話を試みる。だが政府は趙を意思決定の場から外して武力制圧に乗り出し、結果多くの死者が出ることに(天安門事件)。趙紫陽は追放され、2005年に亡くなるまで16年も自宅に軟禁されるが、その間彼は事件の経緯や自らの思いを多くのテープに秘かに録音していたのだった。

 

民主化運動を支持し、16年幽閉された元総書記が明かす、いまだ中国が公認しない「歴史の真実」!

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

趙紫陽極秘回想録(上)

趙紫陽極秘回想録(上)天安門事件「大弾圧」の舞台裏

趙紫陽/著、河野純治/訳

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

趙紫陽極秘回想録(上)

趙紫陽極秘回想録(上)天安門事件「大弾圧」の舞台裏

趙紫陽/著、河野純治/訳

RANKINGランキング