PICK UPピックアップ

  • 2019/11/15

    加藤一二三九段が引退後に見た「夢」の話。

      将棋界のレジェンド・加藤一二三九段のエッセイ『一二三の玉手箱』(光文社知恵の森文庫)より、心に響く言葉の数々をご紹介します。 今回は、引退後に見た「夢」の話。 引退会見では現役生活を終えた心境を「大変スッキリした気持ち」と表現し、「理性では100%引退を受け入れていた」という加藤九段。そのご自身でも気づいていなかった闘志が、引退から9カ月経った頃、夢に現れたようです。  

  • 2019/11/13

    「ワンランク上の」と「そろそろ良いものを」 という呪い / 地曳いく子の『おしゃれは7、8割でいい』

      女性ファッション誌で30年以上のキャリアを誇る人気スタイリスト・地曳いく子さんの最新刊『おしゃれは7、8割でいい』(9月19日発売・光文社刊)より、一部を抜粋してご紹介します。   「似合う服がない!時間もない!もう無理!」なあなたを救う、人生とおしゃれがラクになるヒントが満載です!   「ワンランク上」の呪い   40年近く女子のファッションに関わって

  • 2019/11/12

    いま必要なのは「凡人」でも実践できるマーケティングだ

    (前編はこちら)   データサイエンティストのバックボーンを持ちながら、ヒット商品の裏にある「人の心」と日々向き合うマーケター、松本健太郎。自身を「凡人」と称し、だからこそ同じように悩む人たちに「アイデアの作り方」を伝えられると語ります。 映画『JOKER』の大ヒットから最近気になるCM、アイデアを考えるときに陥りがちな罠、禁断の「アイデアは金で買えるのか」問題まで、根掘り葉掘り聞いてみ

もっと見る

STAND立ち読み

  • 2019/11/12

    暗約領域 新宿鮫XI

    著者:大沢在昌

    新宿署生活安全課の刑事・鮫島は、北新宿のヤミ民泊で男の銃殺死体を発見した。死亡した桃井の後任の新上司・阿坂景子は鮫島に新人刑事・矢崎と組むことを命じ、鮫島は初めての相棒と捜査を始める。一方、国際的犯罪者・陸永昌は、友人の死を知り、来日する。   それは、マンションで殺された男だった──。鮫島の捜査と、永昌の動きが少しずつ交錯する陰で公安が密動し、さらに美貌の悪女が絡みつく──。

  • 2019/10/28

    オナホ売りOLの日常

    著者:文・堀江もちこ / 漫画・菅原県

    “アダルトメーカーの営業女子"のちょっと変わった仕事を、コミック&エッセイで紹介。   著者が勤めるのは、SNSでバズッた「アナルピクツク」や、「便器型オナホ」などユニークすぎる商品で人気のアダルトメーカー。   営業のキモは?意外な売れ筋商品とは?実はグローバルな業界って本当?   ……などの裏話や、アダルトメーカー勤務あるあるが満載!

  • 2019/10/25

    あなたのメールは、なぜ相手を怒らせるのか?

    著者:中川路亜紀(なかがわじあき)

    現在、仕事の大半のやり取りは「メール」で進む。誰もが日々、メールの対応に長い時間を費やす時代である。優柔不断な返信、バカ丁寧で長過ぎるメールで相手の時間を奪うことは、「迷惑」だと感じられるようになった。   一方で、無頓着過ぎるメールは、相手に不信感や不快感を与え、さらに多くの時間とエネルギーを費やすことにもつながる。   書き言葉には限界があるが、過不足なく、端的に、ふさわし

もっと見る

NEWSイベント・ニュース

  • 2019/11/15

    大沢在昌最新刊『暗約領域 新宿鮫XI』 刊行記念ディナートークショー&サイン会!さらにキャンペーンも!

    『暗約領域 新宿鮫Ⅺ』 大沢 在昌 /著   新宿鮫、ついに「新宿」に降臨!   犯罪者に喰らいついたら離さないことから闇社会の住人に「新宿鮫」と恐れられる新宿署刑事・鮫島。   彼の孤高の闘いを描いた累計750万部「新宿鮫」シリーズ8年ぶりの最新刊『暗約領域 新宿鮫Ⅺ』刊行を記念し、11月19日(火)19時から、新宿のBISTRO「CAVACAVA」にて、先着30名

  • 2019/10/30

    【トークイベント@お茶の水】村岡恵理トークショー+サイン会『岩谷時子について語ろう』

    作詞家・岩谷時子の人生を描いた村岡恵理の評伝「ラストダンスは私に 岩谷時子物語」刊行を記念し、著者を迎えてのトークショー&サイン会を開催します。   越路吹雪のマネージャーとして奔走しながら、数々のヒット歌謡曲作詞家としても知られ、令和時代になってもなお、多くのファンに愛される岩谷時子。   大輪のバラの花のような越路の傍らにあって、つねに静かな月のようなたたずまいだったと言わ

  • 2019/10/29

    枝野幸男⽒登場のイベントが11月8⽇開催決定!

    ⽴憲⺠主党代表・枝野幸男夫人が明かす、著書『枝野家のひみつ 福⽿夫人の20年』が話題沸騰中!     「ここまで書かれたら国家機密が…!?」―(衆議院議員・枝野幸男⽒)   ⽴憲⺠主党代表、枝野幸男⽒とお⾒合い結婚 20 周年、枝野和⼦さんの、代議⼠妻リアルライフエッセイが出版されました。   「福⽿」は、枝野幸男さんの愛称です。和⼦さんは現代的で、好奇⼼い

もっと見る

SERIES連載

  • 2019/11/17

    世界一の命運を分けた勝負の第7戦

    チーム創設史上初のワールドチャンピオンに輝いたワシントン・ナショナルズ。 開幕前にスター選手のブライス・ハーパーがFAで流出。そのような状況でも、チームはなぜ躍進を遂げられたのか。 「お股クラスタ」のunknown氏(@DaiM0609)がナショナルズの快進撃を振り返る(全3回)。      (1回目はこちら) (2回目はこちら)   ■満身創痍の“マッド”マックス

  • 2019/11/16

    勢いに乗るナショナルズの前に立ちふさがる「最強」アストロズ

    チーム創設史上初のワールドチャンピオンに輝いたワシントン・ナショナルズ。 開幕前にスター選手のブライス・ハーパーがFAで流出。そのような状況でも、チームはなぜ躍進を遂げられたのか。 「お股クラスタ」のunknown氏(@DaiM0609)がナショナルズの快進撃を振り返る(全3回)。      (1回目はこちら)   ■投打がかみ合い、カージナルスをスイープ

  • 2019/11/15

    「0.1%」からの下克上 ナショナルズのトータルベースボール

    チーム創設史上初のワールドチャンピオンに輝いたワシントン・ナショナルズ。 開幕前にスター選手のブライス・ハーパーがFAで流出。そのような状況でも、チームはなぜ躍進を遂げられたのか。 「お股クラスタ」のunknown氏(@DaiM0609)がナショナルズの快進撃を振り返る(全3回)。      2019年のメジャーリーグはナ・リーグ東地区のワシントン・ナショナルズが球団創設後初の

もっと見る