STAND立ち読み

  • 2018/09/21

    オリンピックと東京改造

    著者:川辺謙一(かわべけんいち)

    五輪の直前には、開催都市を中心としてインフラ整備が進められることが多いが、競技会場の整備を除けば、五輪とインフラ整備には直接的な関係はない。ただ、1964年の東京五輪の前には、多くのインフラが整備された。   首都高速道路(首都高)や東海道新幹線は、その代表例だ。東京五輪に向けて進められたインフラ整備は、「都市改造」や「交通革命」とも呼べるほど大規模なものだった。五輪の大会経費(約265

  • 2018/09/20

    『ニッポン幸福戦略』 

    著者:桜 雪(さくら・ゆき)

    趣味は世界の論文読破、東大出身の地下アイドルが、起業家・研究者・社長らに聞く10年後幸せになるヒント。   ――技術の進歩も、流行の移り変わりも目まぐるしい今、どんな世界が待っているのかを自分自身が勉強したいという思いから、この対談本の企画が始まりました。本著はテクノロジー、企業、経済、家族、エンターテインメント、カルチャー、都市と、あらゆる分野において新時代を築き、パワフルに活動されて

  • 2018/09/19

    DARPA秘史

    著者:シャロン・ワインバーガー/千葉敏生 訳

    インターネット、GPS、ステルス機、Siri……多くのイノベーションを生み出した組織として、いまビジネス筋からも注目されるDARPA(国防高等技術計画局)。同局は1958年、宇宙開発でソ連に遅れをとっていた米国で、最先端科学技術を短期間に軍事に応用するための管理機関として国防総省内に設置されて以来、半世紀以上にわたり、大学や民間企業に膨大な研究支援を行ってきた。   人工衛星の発するビー

もっと見る

PICK UPピックアップ

  • 2018/09/21

    勝負すべき自分のフィールドを知っている者だけが、成功する。 成功者の哲学#7

    若くしてマスコミ業界に飛び込み、各界・各国の実力者と幅広い人脈を持つ著者が、超一流の交流から学んだ「大切に扱われる・積極的にサービスしたくなる上質なゲストになる」ためのノウハウを一冊にまとめた『一流のサービスを受ける人になる方法』(いつか著)が9月11日に刊行されました。 『一流のサービスを受ける人になる方法』刊行を記念して、特別に著者・いつか(http://www.itsuka-k.com)さん

  • 2018/09/20

    あなたが人生で苦労してきたのは、もしかすると「大人のADHD」のせいかもしれない

      ◆ADHDの3つの特性 ADHDとは「注意欠如・多動症」と呼ばれる発達障害のひとつです。 主に、3つの特性があります。   まず、不注意です。   これは、複数の物事を同時にこなすときに、注意を複数に分配することが苦手であることを指します。この影響で、ひとつの物事を脱線せずに最後までやり遂げることができません。片づけができない、なくし物や忘れ物が多い、約束を忘れる

  • 2018/09/20

    インターネット、GPS、Siriやルンバまで?現代必須の技術の多くを生み出した、ある組織とは?

      あなたはSiriに頼んで設定してもらったアラームで目が覚める。テレビをつけてニュースを見ていると、最近はドローン撮影の映像が多いなあと気づく。リビングにいるルンバに掃除を命じる。そのあいだにネット対戦型のシューティングゲームを楽しもう。しばらくして、外出の用事を思い出し、グーグルマップを見ながら徒歩で出かける。自動運転車があれば楽なのに……。   ここに出てきた多くの技術の

もっと見る

NEWSイベント・ニュース

  • 2018/09/11

    9月30日大阪で開催!雨宮処凛×松尾匡トークイベント「どうする?日本の経済と格差社会」

      『非正規・単身・アラフォー女性――「失われた世代」の絶望と希望』(光文社新書)を刊行し、貧困と生きづらい社会の現状を取材している作家・雨宮処凛さんと、『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学 』(共著、亜紀書房)を刊行し、社会保障への積極的な財政出動を唱える経済学者・松尾匡さんが、9月30日(日曜日)、大阪で対談されます。   市民社会フォーラム第226

  • 2018/08/10

    「恋は雷が落ちるようなもの!」 寂聴vs.20代インフルエンサーと人生問答

    寂聴vs.20代インフルエンサーと人生問答     インフルエンサーとファンをつなぐプレミアム企画動画を配信し、新しいメディアとして大きな反響を呼んでいるライブコマース企業、ミーアンドスターズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:佐藤俊介)。トランス・コスモスと俳優の山田孝之が設立した企業としても話題を呼んでいるが、第2弾の企画動画が8月9日、ミー&スターズアプ

  • 2018/08/01

    大切な人が年を取った時、何を作ってあげたらいいのか。「枝元なほみの親ごはん」公式Twitter開設!

    心に染みるレシピ連載の公式Twitterが開設!     料理家の枝元なほみさんの連載「枝元なほみの親ごはん」。   ご両親との思い出をつづるエッセイとレシピが、今ご両親の介護をしている方、これから親の老いと向き合わなくてはならない方たちに、評判をよんでいます。 このたび、この連載のTwitterが始まることになりました!   https://twitter

もっと見る

SERIES連載

  • 2018/09/21

    ポップの最も天に近い場所に、ソウル音楽の山脈を【第43回】著:川崎大助

    戦後文化の中心にあり、ある意味で時代の変革をも導いた米英のロックミュージック。現在我々が享受する文化のほとんどが、その影響下にあるといっても過言ではない。つまり、その代表作を知らずして、現在の文化の深層はわからないのだ。今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロック名盤を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説する。 59位 『ソングス・イン・ザ・キー・オブ・ライフ』スティーヴィー・ワンダ

  • 2018/09/20

    画期的だった「ホリイのずんずん調査」【第27回】著:広瀬和生

    21世紀早々、落語界を大激震が襲う。 当代随一の人気を誇る、古今亭志ん朝の早すぎる死だ(2001年10月)。 志ん朝の死は、落語界の先行きに暗い影を落としたはずだった。しかし、落語界はそこから奇跡的に巻き返す。様々な人々の尽力により「落語ブーム」という言葉がたびたびメディアに躍るようになった。本連載は、平成が終わりを告げようとする今、激動の21世紀の落語界を振り返る試みである。   コラ

  • 2018/09/19

    りかりこの美脚の秘密!りかりこスタイルブック「#りかりこ」三重県撮影Part2

      りかりこスタイルブック「#りかりこ」。 いよいよ20187月18日発売が決定しました! スタイルブック撮影のようすを紹介する動画 『りかりこスタイルブック「#りかりこ」三重県撮影編』     今回はりかりこの美脚を作る秘密……お部屋に設置のランニングマシーンを紹介します。     このランニングマシーンで毎日、足を鍛えるりかりこ。 でも2Kmっ

もっと見る