STAND立ち読み

  • 2018/07/19

    地上最大の行事 万国博覧会

    著者:堺屋太一(さかいやたいち)

    日本を変えた超巨大プロジェクト、成功の舞台裏――万国博とは何か? 大阪万博(70年)、セビリア万博(92年)、上海万博(2010年)を通して見えたものとは? 2025年、日本で再び万国博を行う意義は?六四二二万人の入場者を集め、目に見える形で日本を変えた70年大阪万博の成功までの舞台裏を、その総合プロデューサーであった著者が初めて一冊の本として明かす!

  • 2018/07/18

    WHAT HAPPENED 何が起きたのか?

    著者:ヒラリー・ロダム・クリントン /髙山祥子 訳

    トランプとの戦い、私用メール問題とFBIの再捜査、ロシアの介入、氾濫するフェイクニュース、政界で女性であること――初めて明かされる真実 全米で100万部突破 ニューヨークタイムズ第1位 Amazon.com第1位   歴史上、最も論争的で結果が予測できない大統領選の最中に、著者は何を考え、感じていたのか? 憤怒、男性上位主義、気持ちの激しい浮き沈み、フィクション以上の不可解さ、ロシアの妨

  • 2018/07/16

    この場所だけが知っている 消えた日本史の謎

    著者:友清 哲(ともきよ さとし)

    いつ誰が作ったかわからない謎の構造物、歴史上そこに存在するはずのないおかしな物体、あり得なくもない奇妙な伝承、科学的に未解明のパワースポット……。青森県「日本中央の碑」、熊本県「トンカラリン」、滋賀県「竹生島」、宮崎県「天逆鉾」など謎多きスポットを訪れ、正史からこぼれた「もう一つの日本史」に迫るミステリー・ルポ。

もっと見る

PICK UPピックアップ

  • 2018/07/19

    〈あとがきのあとがき〉フォースター『モーリス』訳者、加賀山卓朗さんに聞く

    光文社古典新訳文庫の翻訳者にインタビューする〈あとがきのあとがき〉。「訳者あとがき」には書き切れないような、翻訳にまつわる裏話、訳書との出会い、はたまた翻訳者の知られざる私生活まで、縦横に語ってもらいます!     誰にも打ち明けられない衝動、社会に認められない願望を抱え、モーリスは少年時代からずっと苦悩していた。大学に進学すると、学舎で出会った知的なクライヴと急速に親しくなり

  • 2018/07/18

    トランプが勝った今、わたしの身に何が起きるかわからない『WHAT HAPPENED』#2ヒラリー・ロダム・クリントン

    2017年9月にアメリカで刊行されたヒラリー・クリントン前民主党大統領候補の最新自伝『WHAT HAPPENED』(邦題『WHAT HAPPENED 何が起きたのか?』高山祥子訳)はたちまちミリオンセラーとなりました。このタイトルが示すように、あの歴史に残る大統領選を事細かに振り返った内容です。今回、邦訳版の刊行に合わせ、520ページ及ぶ長大な内容からハイライトを紹介していきます。  

  • 2018/07/17

    セックスワーカー座談会(1) なぜ、風俗嬢が暴行やレイプの被害にあうの

    これまであまり語られることのなかった「男性セックスワーカー」のリアルな生態を、当事者インタビュー中心にまとめた1冊『男娼』(中塩智恵子著・弊社刊)を読んで集まっていただいた風俗嬢、出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス嬢の皆さんに、風俗業界が抱える問題、未来について話していただく座談会。   第1回のテーマは「暴力と偏見」についてです。   【座談会参加者】 ■風俗嬢A

もっと見る

NEWSイベント・ニュース

  • 2018/06/26

    育児を理由に旅行を諦めていた?私がハワイ旅に挑んだワケ

    この夏、家族で海外旅行を計画している方も多いだろう。   「独身時代に行きなれたハワイ。一度子どもと一緒に体験してみたかった」というのは、   インスタグラムの育児ネタ一コマ漫画でブレイクした、イラストレーターの横峰沙弥香さん。“まめちゃん”のママ、といえば、ピンとくる方も多いのでは?   この度、横峰さんは家族四人での初ハワイ旅行をまとめたコミックエッセイ『まめ旅i

  • 2018/06/18

    イスラムのハッピーな日常がわかる!『イスラム流 幸せな生き方』写真展@ジュンク堂書店池袋本店

      『イスラム流 幸せな生き方』の刊行を記念して、著者の常見藤代さんが撮り溜めたイスラムの写真を、ジュンク堂書店で展示しています。     20年にわたり、イスラムの人々や日常風景を撮り続ける常見さん。撮り溜めてきた写真の中から、今回は「幸せな生き方」をテーマに作品を選んでいただきました。 ラマダン中の楽しい食卓、家族やカップルの強い絆、女性たちの色あざやかなファッシ

  • 2018/05/23

    【5月25日 トークイベント開催!】イスラム圏に魅せられた写真家が綴る、日常からみた本当のイスラム

      イスラムはなんだか厳しくて怖い、とまだ思っていませんか? 実は結婚・仕事・家族・食事など、生活におけるあらゆる面において、実はとても寛容な宗教なのです。20年以上にわたりイスラム圏の人々を撮り続ける写真家が、日常からみたイスラムを一冊にまとめました。   【内容詳細】 コーランがあれば悩まない   イスラムの人々はみな、アッラーの教えが書かれたコーランを読み、コー

もっと見る

SERIES連載

  • 2018/07/19

    「チューリングテスト」にEugene君が合格した! 【 FAKE File2】田中潤

    「今現在の技術では実現しないし、2~3年先も開発の目処が立っていない人工知能技術」を、なぜか「できる!」「すごい!」と世界中で報道されています。そんなニュースを『誤解だらけの人工知能』著者・人工知能開発者の田中潤が「間違っている!」とズバリ斬りこみます!     チューリングテストとは、数学者であるアラン・チューリングによって考案された「機械が知的かどうか」を判定するためのテス

  • 2018/07/19

    実は落語以外の要素が多かったーー「大銀座落語祭2007」【第18回】著:広瀬和生

    21世紀早々、落語界を大激震が襲う。 当代随一の人気を誇る、古今亭志ん朝の早すぎる死だ(2001年10月)。 志ん朝の死は、落語界の先行きに暗い影を落としたはずだった。しかし、落語界はそこから奇跡的に巻き返す。様々な人々の尽力により「落語ブーム」という言葉がたびたびメディアに躍るようになった。本連載は、平成が終わりを告げようとする今、激動の21世紀の落語界を振り返る試みである。   5日

  • 2018/07/19

    りかりこがレクチャー!へアレンジ講座 vol.3

    大人気ツインズりかりこが直接レクチャーするヘアアレンジ講座 第三弾!   今回も莉佳ちゃんが莉子ちゃんをモデルにヘアアレンジを紹介してくれました。     1. ツインテールをする時のように後ろで髪を2つにわける。   2. 髪を少しとり、三つ編みをする時のように髪を3つにわけ、一度だけ三つ編みをする。   3. 3つにわけた髪の奥側のひとつを残っ

もっと見る