PICK UPピックアップ

  • 2022/01/13

    火星はすでに観るモノではなくなった!『火星の歩き方』三大ツアー

      1961年4月12日、ボストーク1号に搭乗したユージ・ガガーリン(旧ソビエト連邦)が人類初の有人宇宙飛行をして以来、宇宙空間を旅した人間は、すでに560人を超えている(高度100kmを超えたもの。弾道飛行も含む。2回以上飛行した場合は1人とする)。地球に帰還したガガーリンが口にした「地球は青かった」は、当時の人々の胸を震わせ、未知なる宇宙への夢を確実に膨らませた。   先日

  • 2022/01/12

    気球で火星一周、太陽系一高い山登山…夢の「火星旅行」ガイドブック発刊

      先ごろ、前澤友作氏(『ZOZO』創業者)が12日間の宇宙旅行より無事帰還した。日本人の民間人としては秋山氏(元TBS記者)に次いで2人目だが、その費用を(秘書兼通訳の同行者の分も含めて)全額自己負担するという、全くの個人旅行としては初めて。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたソユーズMS-20から、ISS内に入った際の「宇宙は本当にあった」の一言は、確かに日本中のお茶

  • 2022/01/11

    「私たちは毎日、プラスチックを0.5ミリグラム食べている」危険な科学物質はどこにある?

    プラ容器、感熱紙レシート、缶詰、難燃剤……いまだ身近にある化学物質の危険性を公衆衛生・環境保健の世界的権威が指摘! そして、いま私たちに何ができるのか? 『沈黙の春』の現代版ともいえる注目の書、レオナルド・トラサンデ『病み、肥え、貧す』から、読みどころをピックアップします!   フタル酸エステルへの曝露を抑える   フタル酸エステルは、とても多様なグループであり、次の章で肥満や

もっと見る

STAND立ち読み

  • 2021/12/22

    病み、肥え、貧す

    著者:レオナルド・トラサンデ/中山祥嗣[監修]斉藤隆央[訳]

    コンビニ弁当はチンしない、 テフロン加工は使わない、 缶詰食品は避ける レシートはなるだけ触らない……   レイチェル・カーソン『沈黙の春』から60年。私たちは人体に有害な化学物質を禁止したり置換したりすることで、問題を解決したと思い込んでいたのかもしれない。あるいは、影響は限定的と聞き、安心していたのかもしれない。だが長期的研究によって、肥満、ADHD、自閉症、不妊などの健康被害の増加

  • 2021/12/13

    はぐれイワシの打ち明け話

    著者:ビル・フランソワ/河合隼雄訳

    フランス政府(高等教育・研究・イノベーション省)による「科学の醍醐味」賞2021年の最終候補 魚はみんなしゃべりたい! 誰かに語りたくなる海の住人の魅力的な物語 海の中ならどこでもクジラの歌声が聞こえる、サケは海の中で故郷のにおいを嗅ぎ分ける、ニシンのおならが冷戦の緊張を高める……少年時代、イワシに話しかけられた(! )著者が読者に披露するのは、海の生き物たちが人間に語りたがっている“物語”。 自

  • 2021/12/06

    消えゆく動物たちを救え

    著者:ミリー・マロッタ/著、鈴木素子/訳

    世界的にも著名なアーティスト、ミリー・マロッタによる子ども向けのイラスト動物図鑑、ついに日本語版が登場。   砂漠に暮らすゴビヒグマ、ウロコのある哺乳類センザンコウ、ドラゴンの子どものようなホライモリ、驚くほど小型化が進むトナカイ、そして身じろぎもせず笑みを浮かべるハシビロコウ……個性的な野生動物たちの多くが、いま絶滅の危機に瀕している。この本では、とても美しいイラストとともに、動物たち

もっと見る

NEWSイベント・ニュース

  • 2021/08/02

    『ちゅらうみのサンゴ』現役アナウンサーに教わる「子どもにウケる」絵本の読み方

    温暖化により集中豪雨など世界中で天災による被害が年々激しくなっています。そして、美しい海や海にすむ生き物たちの命も失われようとしています。 絵本『ちゅらうみのサンゴ』(光文社より発売中)は3姉妹と一匹の猫が美しい海を蘇らせるために冒険の旅へ出かけるというストーリー。修二と彰『青春アミーゴ』はじめ、SMAP、嵐、MISIA、乃木坂46など数々のヒット曲をてがけるShusuiさんが原案プロデュースした

  • 2021/07/26

    美しい海届けてください!「キレイモ」×絵本「ちゅらうみのサンゴ」夏休みコラボ開催

    渡辺直美さんのCMでもおなじみの全身脱毛サロン「キレイモ」では、絵本『ちゅらうみのサンゴ』とのコラボキャンペーンを実施しています。     絵本『ちゅらうみのサンゴ」は、3姉妹と一匹の猫が美しい海を蘇らせるために冒険の旅へ出かけるというストーリー。世界では、温暖化により美しい海や生き物たちの命が失われようとしています。 そんな環境問題や地球、命、思いやりについて、親子で考えるき

  • 2021/03/19

    元TBSアナ伊東楓の初絵詩集『唯一の月』発売&原画展開催中!

      元TBSアナウンサーで絵本作家を目指すためにドイツ移住を発表した伊東楓さんの初めての著作となる『唯一の月』が3月19日に発売となりました。 出版を記念し、本に収録された原画を展示・販売する原画展を開催しております。期日は3月28日まで。入場無料で、書籍『唯一の月』の販売も行っており、会場限定特典として、購入された方にはポストカードをプレゼントしています。 生の原画が持つ、繊細でハッと

もっと見る

SERIES連載

  • 2022/01/14

    第十九回 KAKATO、オオクボリュウ「まいにちたのしい」

    だいぶ遅くなってしまったので今さら言うのもなあと思いつつ、でもやっぱりこれは言っておかなきゃということで……あけましておめでとうございます! もう二週間も過ぎているので、やっぱりちょっと変な感じですが(笑) とはいえ年始からどれだけ時間が経っていたとしても、新年一発目の仕事現場って、どこであれなんであれ、この挨拶をしないと次の一歩が踏み出せないんですよね。言わないと妙にそわそわしちゃいます。

  • 2021/12/17

    アスラン、近づく(後編)ナルニア国物語【第21話】

    世界中で愛されるファンタジー大作「ナルニア国物語」(光文社古典新訳文庫)がマンガになりました! 現代の少年少女も大人も楽しめる、読みやすく格調高い文体の新訳版を、繊細かつ大胆な画力で描きます。     著者 C・S・ルイス CLIVE STAPLES LEWIS 訳者 土屋京子(つちやきょうこ) 作画 玉樹庵(たまきいおり)  

  • 2021/12/03

    第十八回 板倉聖宣『白菜のなぞ』

    早いものでもう12月、今年もあと少しで終わりです。日が落ちるのもだいぶ早くなったし、朝晩もかなり冷え込むし、何より外に出た時の寒さの感じがここ数週間でだいぶ変わった気がします。肌に触れる風の冷たさに芯がありますよね。「ああ、冬だなあ」と思います。   私は生まれも12月だし冬は好きなのですが、毎年この時期くらいからあることに本格的に悩まされます。そう、冷えです。もうね、信じられないくらい

もっと見る